子供からつくづく学ぶことが多いなあ、と思う私です

まさか、足を運ばなかった場所が日々の楽しみになる。そんな経験はありませんか?
私は、行けない距離ではなかったんですが何となく図書館で本を借りることがなかったタイプでした。
むしろ読書は趣味で、定期講読をしてみたり、本格的に書店で買っていました。古本屋さんも好きです。
ある時、小学生の娘が「お母さん!あそこすごく楽しい場所だよ!図書館に行こうよ!」と、ぐいぐいと私の腕を引っ張りますました。
娘の指差す方向に緑の生い茂った公園があり、そのさらに奥が図書館でした。私は、気乗りしなかったので「えーっ?!カードもないし、また今度行こうよ。」と言いましたが、子供は今すぐ行きたいと聞きませんでした。
その日がきっかけでした。図書館の毎年の不要になった書籍の寄付イベントや、実はランチが美味しい喫茶店が図書館の建物に隣接してあったこと。そこに、友人とランチにいくようになったこの頃。
図書館には、想像以上にあらゆるジャンルの専門書もおいてあること。子供から高齢者の憩いの場所になっているということも、子供と通ううちにわかってきました。
いまでは、すっかり生活の一部になっています。
子供の豊かな感性で気づかされることが多いことを学びました。