ワインは論ずるより、まず飲んで慣れるべし。

「普段、どんなワインをお飲みですか?」と聞いたときにだいだい帰ってくる言葉が、「ワインは難しくて分からあまり飲まないよ。」、「スーパーで売ってる安いワインしか飲んだことないな。」「ワインって高級な感じがして飲まないね。」といった答えを聞くことが多い。日本では、過去何回かワインブームが到来してワインの消費も以ワインを飲む機会が増えてはいるものの、体質的にアルコールを受け付けない方は別として、結局、ワインは自分には敷居が高いと感じている人の方が多いのでないでしょうか。
まずはワインの知識を覚える前に、ワインをどんどん感じたまま飲み続けることが重要なのではないでしょうか。子供が言葉を覚えていくのと同じ感覚ですね。文字や文法を習得する以前にぺらぺら会話ができるよう。
勿論、ワインは葡萄の種類、産地、生産者等によってピンキリですが、ここで言いたいのは「論より証拠」ではなく、「知識よりドリンク」であることを強く訴えたいのです。飲んでなれることが一番重要だということを言いたかったのであります。アコム 土日 審査