できればでたかった、運動会やサッカーの試合。

今日は1日雨でした。午前の気分が乗らない中、自分が通院している病院に行ったり、市役所に期日前投票に行ったり、雑務をこなしました。
午後は、息子が腕を骨折しているので、その病院に行きました。そして、お医者さんから、再来週のサッカーの試合は諦めるように言われ、親子でガックリ落ち込みました。息子はそれでも、しょうがないねー、と理解しようとしていました。私の方が結構落ち込んでいたみたいで、家に帰ってから涙ぐんだりしました。
骨折が治るのが最優先なので、そんな試合なんか別に出れなくてもいいだろう、と思われるでしょうが、10日前の秋の運動会も欠席したのです。サッカーの試合はできれば、と思い続けていたので、ダメージがありました。お医者さんからは、順調に治っているからこのまま落ち着いて治して行こう、と言われ、もっともだと思いました。
そして、スッパリ諦めた私は、サッカーの先生に、試合に不参加ということを連絡しました。先生もとても残念がっていました。
元はと言えば、息子が滑り台を立ったまま降りようとして落下し、腕を強打して骨折したので、自業自得なのであります。息子はこの痛い経験で、いろんなことを深く学んでいることでしょう。私も共に、諦めることなどを学んでいます。マイナチュレ 販売店